Tokyo DTM Connection

Blog

ミックス 高域処理について

こんばんは、DJ TAKI-SHITです。

キレイなボトムを出す為のお話しは前回書きました。

で今回は、高い周波数、2Khz~8khz辺りの事です。

この辺りドラム全体をキレイに聴かせる為にキック、スネア、ハイハットなどのリズム隊をバスに

送ってまとめたものに対し、全体で5Khz辺りを持ち上げる事は結構多いです。

それと、クローズハイハット、オープンハイハットなどの金物系を8Khzからそれ以上の周波数すべてにかけて

EQ上でなめらかな上り坂を描くように完全ブーストしてしまいます。

これは、とにかくレンジを広くしたいという理由ですね。

ボトム、特に50hz~100辺りは、キックとベースの棲み分け兼ね合いをきちんと整理した上で

きっちりローエンドを出す。

そして金物系で高いところをブーストして、レンジの広さを演出する、こういったところに結構気を配っています。

ただ金物系をブーストする際には、やるとやはり急激にクリアなサウンドにすぐなるので、

気持ち的に乗ってきてついつい上げ勝ちになるのですが、

やり過ぎると、今度は耳に痛いサウンドになる危険性もあるので、この辺りは

適宜適応といった感じです。

ミックスは試行錯誤することでしか、上達しないので

聞き分けられる耳を持つべき鍛錬を繰り返すのみですね。